事実婚と浮気

  • 2018.11.15 Thursday
  • 08:24
事実婚というのは、実際に夫婦のような人間関係を構築しながら、結婚そのものはしていないという間柄において用いられる言葉です。
もう少しわかりやすく言ってみると、婚姻届を提出していない夫婦があれば事実婚と言えるでしょう。
たった一枚の婚姻届と思われるかもしれませんが、これの威力は想像以上に強く、それら制限を回避するために事実婚を選択しているというかた達も少なくないのです。
代表的な部分で言えば、事実婚だと二人共が旧来通りの姓を名乗れるので、結婚に伴って生じる面倒な手続きが一切不要です。
仕事をバリバリこなしていた場合に改姓はとても面倒なので、そういった面から事実婚を選択する場合もあるのです。
さて、これだけ並べると魅力的に見えるのですが、事実婚の関係は法律でしっかり認められた法律婚に比べて不利になる部分が多々あります。

事実婚とは、単に結婚しない男女の関係を指す言葉ではありません。
事実としての夫婦関係が存在しており、これを自分達だけでなく周囲も認知していることが、事実婚成立には必要となってきます。
事実婚で不利になる場面と言えば、やはり子供に関連した話ではないでしょうか。
事実はあるものの、保証のない事実婚では、非嫡出子となるケースが多く、そうなると自分だけの問題ではありません。
子供のことを考え、妊娠と同時に事実婚から法律婚へと切り替えるケースがあります。
事実婚のまま出産して育児をするなら、父親にあたる男性に認知をさせる必要が出てくるでしょう。
しかし、デメリットばかりではなく、事実婚だという証明がハッキリされるなら、法的に強い部分もあります。
事実婚は基本的に法律の保護を受ける対象ではないとされながらも、一部に関しては法律婚と同様に扱われる話があります。

事実婚なら法律の保護が受けられないから、浮気しても問題ないと考えるのは浅はかです。
仮に法律の保護がないとしても、夫婦としての事実が存在するため、浮気に対しても相応のペナルティがあると覚悟しておきましょう。
具体的には、事実婚の関係でも浮気をした際の慰謝料が請求可能という話です。
浮気以外にも財産分与など、法律婚と同様に受けられるものは存在します。
ただ、やはり不透明で曖昧なままわかりにくい部分も多いため、事実婚であるみとを意識しておかなければなりません。
当たり前に受けられると思っていた権利が、事実婚という理由一つで否定されてしまうことは珍しくないのです。
事実婚の法律に関する部分は、専門家に相談することをオススメします。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

仲人の舘 CM動画

仲人の舘 TV取材動画

Facebook

Twitter

人気ランキング

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM